緑内障に効果的な治療で失明を阻止|症状を知って早めの検査をしよう

目に関わる疾患

女性

緑内障は誰にでも起こりうる病気で、決して珍しいものではありません。また、発見が遅れると、欠落した視野は元には戻らず、日常生活に影響をきたしてしまう恐れがあります。少しでも見え方に異常を感じた場合はすぐに眼科へ行き、検査を受けることが大切です。

More Detail

薬が使いにくい

カルテ

緑内障は原因不明の疾患であり、予防法もはっきりしていません。遺伝的要因もあり、一度発症すると手術か薬を飲み続けないと失明してしまう恐れもある怖い疾患です。緑内障患者がそのことを伏せ、医薬品を使用すると眼圧が上昇し、症状が悪化することもあるため、きちんと説明し、専門家に任せる方が賢明です。

More Detail

目に関する疾患

ハートを持つドクター

早期発見が重要です

目に関わる疾患は様々ありますが、中高年層に多く見られるのが、緑内障と呼ばれる疾患です。緑内障の原因は、眼圧の上昇によるものです。眼圧は、房水と呼ばれる目の中に存在する水の量で決まります。緑内障は、この房水の出口がつまり、水がきちんと排出されないことで眼圧が上昇し、発症してしまう疾患です。緑内障は、視野が狭くなっていく疾患ですが、突然視野に異常が起きる、という訳ではありません。初めに、目に黒いモヤがかかったような見え方になり、徐々にそのモヤが広がって行き、やがて視界全体にモヤがかかり、目が見えなくなる、といったように、症状は徐々に現れ、ゆっくりと進行していきます。そのため、緑内障であることに気づかないことが多く、一度失った視界は元には戻らないため、定期健診を行い、早期発見を目指すことがとても重要となります。

効果的な治療法とは

前述の通り、緑内障は一度発症して視界に異常が出てしまうと、元にはもどらない病気です。完全に失明してしまう前に早めに病気であることを自覚し、早期治療に取り掛かることが重要です。緑内障の発見が早く、症状が軽い場合には、点眼による治療が一般的です。点眼薬の作用によって眼圧を下げ、正常な眼圧に戻すという治療です。また、症状が重い場合は、レーザーによる治療を行う場合もあります。特殊なレーザーを目に照射し、房水の排出を促進させ、眼圧を下げる、という方法です。いずれの方法も、一発で治る、という訳ではなく、長期的に治療を行わなければならないため、病院選びや治療法は慎重に行い、信頼できる医師と方法を選択することが重要です。

眼は大切な器官です

目元

人間の情報収集力の約8割は眼からだと言われています。そのため、失明で眼が見えなくなったり、緑内障で視野欠損してしまうと日常生活を送るのも難しくなってきます。特に、高齢なるにつれ緑内障や白内障の症状で悩む人が多くなるため、定期的に眼科など専門医へ診てもらうようにしましょう。

More Detail